胡麻麦茶で痩せた

【胡麻麦茶】胡麻麦茶で痩せたのはなぜか

胡麻麦茶で痩せたのはなぜか

胡麻麦茶は、血圧が高い人向けのお茶だとされています。

 

 

で、これを飲んで痩せた人がいるわけですが。
それがなぜなのかというと…。

 

 

胡麻麦茶は別に血圧対策として存在しているわけではないからだと思います。

 

たとえば、プロ野球選手がいたとして。
その人は、生まれたときからプロ野球選手として生まれたってわけではないと思うんです。

 

1人の人間として生まれて。
その人がたまたまプロ野球選手になったという感じだと思います。

 

 

胡麻麦茶も、別に血圧対策としてのお茶として誕生したのではなく。
「胡麻のお茶には血圧にいい」
っていうのをサントリーが発見したといえばいいかな。

 

 

なので、その胡麻麦茶を飲んで痩せてもなにも不思議ではないというか。
別にウーロン茶でも、麦茶でもいいと思いますが。
それらを飲んでも、普通に痩せると思いますよ。
お茶ってカロリーが0のものばかりでしょ。

 

なので、胡麻麦茶も痩せる可能性は十分あるわけですね。

 

 

 

 

 

カロリーある飲み物の変わり

最近はカロリー0飲料とかいろいろでていますけど。
それでも牛乳とかになれば、カロリーはありますよね。

 

それらと比べれば、胡麻麦茶を飲んだほうが痩せやすいのは当然です。

 

 

胡麻麦茶を飲むとなると
「胡麻麦茶のほかにも牛乳も飲みたい」
とはそんなにならない気がします。

 

レストランとかにいって
「ジュース、そしてコーヒーも」
なんて人はあまりいないはずです。
飲み物は1人1つぐらいで十分だと思います。

 

 

まぁ最初に水はでてくると思うんですが。
それともう1つぐらいの飲み物だと思います。

 

飲み物ばかりたくさん飲むのは、ドリンクバーぐらいなはずです。

 

 

なので、胡麻麦茶を家で飲むとなると。
その分、別の飲み物を飲まなくなるはずです。

 

その飲み物がカロリーがそれなりにあるものだったら。
胡麻麦茶を飲むことで、その別の飲み物を飲まなくなり、痩せる可能性は高いはずです。

 

 

 

 

 

水でも十分?

胡麻麦茶で痩せたというのは、水を飲んで痩せたというのと似たようなものだと思っています。

 

ただ多くの人は、だんだん舌が贅沢になってきますから。
飲み物も、味のある物というか、好みの物を飲むようになりがちです。

 

 

胡麻麦茶を飲むようにしておけば。
別の飲み物を飲まなくなるわけですから。

 

「じゃあ胡麻麦茶で痩せよう」
と思っている人は、別に胡麻麦茶でもいいと思うんですが。
水でも十分なはずです。

 

 

単にそれは、飲むのか飲まないのかの差だと思います。

 

高血圧の人は
「血圧にいいらしいから胡麻麦茶を飲もう」
というきっかけがあっただけで。

 

別に痩せるのが目的なら、水を毎日一定量飲むだけでも十分だと思います。

 

 

ただ、胡麻麦茶を高血圧の人が飲むとすれば
高血圧ではない人は、胡麻麦茶を飲もうとは思わないものだと思います。

 

水も水道をひねればでてきて、日本では水道水を飲めるわけですが。
それでも、ミネラルウォーターを購入したり、他の飲み物を購入したりする人がたくさんいます。

 

ジュースでも、コーヒーでも、牛乳でも。
それらを飲んでいる人は、水を代わりに飲むようにするだけでも痩せる可能性は高いはずです。

 

 

結局胡麻麦茶が特別なのではなく。
胡麻麦茶は、普通のお茶と変わりないことをしているだけなわけです。

 

なので、胡麻麦茶で痩せたと思っても。
それは胡麻麦茶が特別なのではなく、お茶というのはそもそもそういうものだっただけ。
そういったほうが、いいような気がします。


ホーム RSS購読 サイトマップ