胡麻麦茶口コミノンカフェイン

胡麻麦茶はノンカフェイン!体に優しい血圧対策飲料

胡麻麦茶はノンカフェインの血圧対策飲料

胡麻麦茶の口コミをみて、それについて思うことを書きます。

 

 

 

【胡麻麦茶の口コミ】

 

 

胡麻麦茶を飲んでいるのだけど、これってノンカフェインなのかしら?

 

お茶の中にはカフェインを含んだものもあるから気になるわ。


 

 

 

胡麻麦茶は

ノンカフェインです!!

 

カフェインは決して体に悪い成分と決め付けられるわけではありません。
よくカフェインを取ると眠気覚ましになるということで、エナジードリンク関連の製品にはカフェインが多く配合されています。

 

うちの親も、よくガラナという炭酸飲料を飲んでいます。
これもカフェインが結構な量を配合しています。

 

カフェインはコーヒーにも配合されていますね。
「コーヒーを飲むと目が覚める」
というのも、カフェインの影響があると思います。

 

 

ですがカフェインを取りすぎると

  • 利尿作用がある(メリットでもある?)
  • 胃に負担がかかる
  • 貧血を起こす

このような症状が起きます。

 

それよりも海外ではカフェインを大量に配合したエナジードリンクを飲みすぎて、なくなってしまった人がいるというニュースがやっています。
そういうのをみていると
「カフェインって体に負担がかかる飲み物なんだな」
というのを感じます。

 

 

紅茶や緑茶にはカフェインが配合されています。
ですが、胡麻麦茶にはカフェインは配合されていない、ノンカフェインです。
胡麻麦茶を多めに飲んでも、安心ですね。

 

まぁカフェインを配合していても、お茶は基本健康にいい飲み物だと思いますけどね。
自分もよく緑茶を飲んでいますけど、体に負担がかかっているなんて思ったことがないです。
むしろ体の調子がいいです。

 

 

 

胡麻麦茶はノンカフェインのお茶でも飲みすぎ注意

ただ胡麻麦茶にはカフェインが配合されていないからといって、限度を超えて飲みすぎるのはよくないです。
1日350mlほどを目安に飲むのをおすすめします。

 

別に大量に飲んでもいいんですけど。
いくら危険がないものでも、食べ過ぎたり飲みすぎたりするのは体への負担になります。

 

 

人間水分補給は重要だとされています。
でも水だって飲みすぎると、人間どうなるのかわかったものではないです。

 

 

カフェインを配合しているのかどうかを気にしている人がいますけど。
それほど気にしなくていいと思います。
むしろ胡麻麦茶にカフェインが配合されていたとしても、気にするほどのことではなかったと自分は思います。

 

まぁお茶なんて、どれも似たり寄ったりな感じになっているので
「ノンカフェインなんです!」
という安全性のメリットをアピールするしか、特徴が出せないお茶も多い気がします。

 

 

小さな子供や、妊娠中の女性ならカフェインの影響が気になると思いますけど。
緑茶はカフェインを配合していますが、健康にいい飲み物だと思いますよ。

 

まさか回転寿司やにいって
「緑茶はカフェインを配合しているから体に負担がかかる!」
なんて言ったら、逆に空気を読めなくて、周りから反感を買うと思います。

 

 

 

 

胡麻麦茶は安全な飲みもの

胡麻麦茶の血圧を下げる効果も、実際は
「血圧を上げるのを抑える効果」
なんです。

 

なので、血圧を下げると言うより、血圧があがってしまうのを防ぐわけです。
血圧が正常な人が胡麻麦茶を飲んでも問題ないです。

 

 

胡麻麦茶を普通のお茶として飲んでいる人もいます。

 

 

血圧が正常な人は、高血圧予防になるかと思います。
自分も血圧は高くありませんけど、胡麻のお茶はちょくちょく飲んでいたりしますし。

 

 

ただ、サントリーの胡麻麦茶は
「普通のお茶として飲むには値段が高い」
です。

 

サントリーの胡麻麦茶を普段用のお茶として飲んでいる人は、別にお手ごろな価格のお茶を飲んだほうが、財布には優しいですよ。
胡麻麦茶はあくまでトクホに認定されたお茶です。

 

もとからあるお茶がトクホに認定されたんですよ。
トクホのお茶として、元から存在していたわけではないです。

 

 

他のお茶だって、トクホに認定されようと思えばお金をかければ認定されると思います。
でもそうなると値段が高くなります。

 

トクホに認定されていないお茶は別に効果が低いわけではないです。
胡麻麦茶と変わらないようなもので、単にトクホに認定されていないだけかもしれませんよね。

 

 

 

 

トクホにこだわる必要はあるのか?

うーん、なんか話がぐだぐだになってしまいましたけど。
「トクホだから危険」
「トクホだから効果がある」
「トクホだから値段が高い」
こういうのは、ほとんど関係ないです。

 

トクホって認定されるかどうかの違いです。
もし胡麻麦茶がトクホに認定されていなかったら、中身は同じなのに
「トクホではないから安全」
「トクホではないから効果がない」
「トクホではないから値段が安い」
こういうふうになるのは、おかしいですよね。

 

 

トクホは効果効能が認定されたのを証明する肩書きのようなものです。
たしかにトクホというのは安心できたり、効果を信頼できたりします。

 

ストレスは血圧をあげる要因になるとも言われています。
トクホであることも大事なのかもしれませんね。

 

 

胡麻麦茶はトクホと認定された瞬間、効果がアップしたとかそれはおかしいわけです。
野球のプロ契約で
「1億円超えたから主力としてがんばろう」
というものはあるかもしれません。

 

でも、1億円を超えた選手でもその後衰えてしまう選手もいますよね。

 

 

でも、胡麻麦茶は飲料です。
トクホと認定されたから
「よし、トクホだから効果をアップさせよう」
なんてことはないはずです。

 

逆にいえば
「トクホではない飲料は効果を低くしている」
ということもないと思います。

 

お茶って茶葉を煮出して作っているものです。
それに変わりはないと思うんですけどね。

関連ページ

胡麻麦茶の口コミを見る!普通のお茶と比べると値段が高い
サントリーの血圧を下げる胡麻麦茶の口コミをみると、普通のお茶と比べると値段が高いというものがあります。たしかに高いです。
胡麻麦茶とアミールS 血圧に効果が高いものやおすすめはどちら?
サントリーの胡麻麦茶とカルピス社のアミールS。どちらが血圧を下げる効果が高くおすすめでしょうか?
胡麻麦茶血圧を測る前に飲むと血圧が下がる?
胡麻麦茶を血圧を測る前に飲むと血圧が下がる?胡麻ペプチドの効果で血圧が下がる可能性は低いが、精神的効果で下がる可能性はある!

ホーム RSS購読 サイトマップ